贈り物に関する情報サイト

冠婚葬祭・行事・贈り物の基礎知識〜専門知識まで

セコさの現われに反省

30代になると、色々なお付き合いで贈り物をすることが多くなりました。私がいただく場合は基本的に何でも感謝しますが、贈る側になると色々気を使ってしまいます。
でも、後になって失敗したなと感じる事もけっこうあります。
たとえば出産祝い。私にまだ子供がいなかった頃に、友人への出産祝いにスタイのセットを贈りました。
どんなものを贈ったらいいのかまったくわからず、結局ノーブランドのスタイを8枚くらい贈りました。
子供のいる今ならわかります。どうせなら同じ金額でブランド物のスタイを2〜3枚贈ったほうがよかったなと。
安価なものをちまちまと揃えて渡すより、きちんとしたものをひとつ、ポンと渡すのが失敗しない秘訣だと思います。
私のセコさの現れだよなぁと反省。
しかも最悪な事に、スタイはどんなデザインが好みかわからなくて、色んなタイプのものを集めました。
どれかひとつは好みに合うかもしれませんが、逆に言えば、確実に好みじゃないデザインも含まれていたわけです。
当時の私にアドバイスしてあげたいなんて、ふと思ったりします。

話題の贈り物に関わる話は、ここのホームページをブックマークしましょう

Copyright (C)2017贈り物に関する情報サイト.All rights reserved.